元外資系スチュワーデスが直接指導!ハリウッドスターを家庭教師につけて誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7日間”超速英語脳育成”プログラム
7日間”超速英語脳育成”プログラム

 7日間”超速英語脳育成”プログラム + 
限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き(特典1~3含む)+”記憶力UP術” ■











ケントギルバート氏もびっくり! バイリンガルのあらゆる才能を7日後にマスターする夢のツール






7日間のみ音声とテキストを使って、単純に進めて頂きます。1日30分以上は
 必要ございません。


 7DAYSプログラム概要 -音声ファイルとPDFファイルの同時進行

 本プログラムは4部構成となっております


 DAY1 -  英語脳へのステップDAY     (約26分)

 ==========================================

 DAY2 - 英語脳へのジャンプDAY 1   (約25分)

 DAY3 - 英語脳へのジャンプDAY 2   (約26分)

 ==========================================

 DAY4 - 英語脳へのフィニッシュDAY 1 (約27分)

 DAY5 - 英語脳へのフィニッシュDAY 2 (約25分)

 DAY6 - 英語脳へのフィニッシュDAY 3 (約19分)

 ==========================================

 DAY7 - 英語脳へのファイナルDAY    (約16分)


 ここでは、あなたが英語に接する時は”日本語が一切出てこない脳の状態”を
 作り上げます。


 その感覚を身につけるには日数やコスト、そして環境なんて関係ありません。
 英語をマスターする方、そうでない方の根本的違いは、頭の良さや留学経験等でもございません。
 この”英語・バイリンガル脳”の感覚を身につけているかの差, 言いかえれば

 英語・バイリンガル脳にスイッチを切り替える為の方法を、あなたの脳が知っているか、いないかの差

 なのです。その方法をたったの7日間で、あなたの脳が自然と覚えていきます。不思議な感覚です・・・

 

 下記の音声ファイルをお聞き下さい。

 (英語約2分間) -英語脳確認目的の一例です

 上記ボタンをクリックすると、windows media playerが自動的に開き、音声がスタートします

 直接聞けない場合は、こちらを右クリックしてから保存して、お聞き下さい。
 (Macをご利用の方も保存してからお聞き下さい/MP3音声ファイル)

 あなたは今、日本語が一切頭の中に出てこなくて、英文の内容を理解出来ました?

 あなたが現時点で知っている全ての英単語が2つ、3つ(I, am, you 等)だけだとしても、問題なし!

 プログラム終了後にあなたはこの英語の例文を、脳が普通に英語として理解し、英語脳のまま発音する
 という能力が備わっている事でしょう。

 しかし、上記能力は7DAYSプログラム効果の一例にしか過ぎません・・

 早速ですが、その具体的方法の説明に入りましょう。



 英語・バイリンガル脳へのスイッチに欠かせない要素が大きく分けて3つ存在します。

 


 皆さんの悩み: 英文法を気にしすぎて、どうしても前に進めない!

 決してこれは日本人だけの悩みでは無く、英語を母国語としない全世界共通の悩みです。
 でも、”文法はめちゃくちゃでいい!”というフレーズを良く聞きますが、はたしてそれは正解なのでしょうか?

 答えはNOです。

 日本の文法中心の教育主義が世の中で批判されてから既に半世紀以上は経つでしょう。
 その中で、今は小学生、あるいは幼稚園から外国人を読んで、英語に慣れる事をしているようです。

 でも、絶対に変わらない教育方針 ・・・・ それは英文法の教育。

 これは何故か? 

 答えは簡単です。 日本語同様、新しい言葉(英語ではスラングも同様)は毎年広辞苑に追加されるそうです。
 それは何千~何万語/年とも言われています。 でも、絶対に変わらないもの ・・・・

 それが、文法なのです。

 これは絶対に避けては通れないものです。

 でもネイティブはこれを”自然”と身につけています。私たち日本人も同様ですね。私たちは、日本語の
 文法を”自然”と身につけているのと同じですね。何も素晴らしい事でもありません。
 でもなぜか、英語となると、物凄く気にしてします。 でも、それも自然なことなのです。


 要素その1への7DAYSプログラムの取り組み

 本プログラムの中枢には、「第2外国語(ここでは英語)の習得過程は、
 母国語をマスターする過程と同じである」、という考え方が大きなコンセプト

 としてあります。要するに、”気付いた時には文法が分かっていた”という、感覚を身につけて頂きます。

 「そんな事が可能なのか?」

 「文法の種類は、主語から始まり、副詞、前置詞、形容詞などなど、無数にあるのに本当に短期間で
 マスター出来るのか?」

 何故、物凄く大きな確率で、何年勉強しても英文法を断念する方が多いのか?


 それは、

 

 なのです。

 「良く、車とか家とかの名詞を”絵”で覚える」というのは聞いた事があるけど、”文法を脳で覚える”というのは
 聞いた事がない!


 それでは今、車のイメージを思い浮かべて下さい。 それがCARですね。簡単です。

 実は英文法もその感覚で、誰も知らない簡単に習得出来る方法が存在したのです!

 7日後にほぼ全ての英文法を自然と”脳で理解”しているご自分にびっくりさせるはずです。
 1日たったの約30分で・・・・・誰でも、音声とそのマニュアルとを同時進行で進めるだけでそれが
 可能となります。 母国語、ここでは日本語が普通に喋れる方であれば、誰でも実践出来ます。  



 


 皆さんのお悩み: 単語や表現量が多すぎて、英語で表現できない!

 これも万国共通のお悩みですね。勿論単語が分からないと、表現は出来ません。私も、このお悩みに
 「そんな事無い!」と否定はしません。 単語や表現量は必要です。

 じゃあ、やはり暗記するのか? 

 いいえ、暗記は決して致しませんし、上記でも出てきた一般で良く聞く”絵で覚える”というものでは
 ありません。でも、確かに”絵”で覚える事は、単に暗記をする事より数倍もの確率で脳に残る事は多くの研究
 機関で実証させています。 

 しかし、”暗記”、”絵”で覚えるというのは時間と労力を費やさずには達成出来ませんね?


 要素その2への7DAYSプログラムの取り組み

 本プログラムでは、単語単位では無く、ある”かたまり”で、自然と物凄い数の単語を脳が吸収し始めます。
 あなたは単に音声とマニュアルに沿って進むだけです。

 今までの皆様の単語の覚え方の決定的ミスとは・・・

 

 なのです。


 ”かたまり”とは熟語? 、”同じような種類のあつまり(動物、乗り物、自動詞、他動詞)?”

 いいえ、そうではありません。

 それでは、単に単語や表現を”暗記”するのと同じで、時間が無駄に過ぎて行きます。
 ここでいう、”かたまり”とは・・・・  (後ほど詳しくご説明致します)

 ただプログラムに沿っているだけで、面白いように多くの表現力に自然と触れて
 いる感覚をお楽しみ下さい。単純に音声とマニュアルに沿って下さい。



 

 皆さんのお悩み: ネイティブのスピードが速くてついていけない! 英語の発音が全く出来ない!


 ■リスニング編■

 とにかくネイティブは早くて、何て言っているのか分からない!という言葉を良く耳にします。
 特に全く英語が理解できない方は、そう感じますよね。これも万国共通です。
 これは逆に、私たち日本人が喋っている日本語も、外国人たちには物凄く早く感じられています。
 だから良く、"Where"の疑問なのに、”YES”で答えるという場面をテレビとかでも見た事があるはずです。

 それでは、動詞や主語とかだけを気をつけて聞けばいいですか?

 いいえ、それは間違えです。全体が分かっていないと会話になりません。

 日本語でも良く、ぼーっと、会話を聞いていて、うなずいている状態がありますが、単語単語は多少耳に
 入っても、文章全体を把握していないと理解できませんよね?


 要素その3への7DAYSプログラムの取り組み(リスニング編)

 ここではネイティブの会話のスピードに耳自体が劇的に変化し、英語脳として英文が聞き取れるように
 なる為に、英語自体のスピードが脳内で変化をもたらします

 英語・バイリンガル脳を育成しながら、自然とリスニング力を身につけて頂きます。
 今まで英語を聞いた時に、全て頭の中で和訳していてるから、この”英語は早い”という感覚が存在する
 のです。 英語脳育成と同時に、英語を聞きながら全てを英語で理解するという感覚で、

 

 していきます。


 
 ■発音・スピーキング編■

 特に日本人にはF、R などの発音が無く、余りにもこれに集中しすぎで、Hの発音までF、Lの発音までRに
 してしまう日本人がとにかく多いですね。でも、これもしょうが無いことです。

 「ネイティブみたいに発音したい!」その気持ちが先走りしているのです。

 そして一番の間違い・・・・   「外国人といっぱい話す事が英語上達の早道だ!」 


 この発想はどこから来たのかわかりませんが、まったくの誤解です


 それでは皆様に質問です。
 あなたがイタリア語が全く出来なくて、イタリアに行ったとしましょう。そこで、上記の発想で外国人と話して下さい。
 
 発音やスピーキング力はUPしますか? 

 答えはNOです。 文法、発音、単語もしらなくてヒヤリングもめちゃくちゃで、会話にはならないはずです。
 イタリアに何年も住みつけば、多少は上達するでしょうが・・・・ 時間とコストの無駄です。

 これは英語でも同様です。 


 要素その3への7DAYSプログラムの取り組み(発音・スピーキング編)

 バイリンガルが必ず通る過程があります。

 それは何か?


 Silent Phraseという過程です。


 

 読んで字の如し。つまり、全くしゃべらない・喋れない時期があるという事です。
 これは第2外国語をその期間理解していないということでは無く、耳、目で語学を習得しているのです。

 そしてある時・・・・・ 急に喋れるようになります。

 これが、バイリンガルの辿る道のりの基本です。でも、これは赤ちゃん、子供が”パパ”、または、
 生意気な言葉を突然と発するのと物凄く似ています。


 この7DAYSプログムの基本を覚えていらっしゃいますか?

 そう、第2外国語(ここでは英語)の習得過程は、母国語をマスターする過程と同じ、という事です。
 但し、7DAYSプログラムではこのSilent Phraseを守りながらも、ある特定の時に音を発して頂きます。

 これは、この過程を上手く利用しながらも、あえてこのSlient Phraseをなくして、ネイティブ・レベルに
 最短で近づけるという取り組みです。


 全DAY共通事項:

 音声につきましては、日本語は日本人男性、英語の部分はネイティブの男性・女性が担当しております。







 今からその詳細内容を日別にご説明致します。

 7日間のプログラムでDAY1~DAY7という構成となっております。


 DAY1【英語脳へのステップDAY】より順にご説明致します。

 お申し込み後でも結構ですので、プログラムをスタートする前に、一度目を通して下さい。


 お申し込み後に確認を希望される方はこちらをクリックして、DAY毎の詳細説明をスキップして下さい。



 
 所要時間  : 約26分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY1)、マニュアル(DAY1)

 全てのDAYは音声ファイルとマニュアルの同時進行となります。
 音声ファイル(DAY1)+マニュアル(DAY1)というような組み合わせとなります。


 英語脳への切り替えスイッチ点火
 
 【基本の流れ】

 ここでは①~⑩の日本語と英語が記載されています。

 それをある法則に従って音声と共に読み上げて行きます。

 繰り返す、音声を止める、再生はマニュアルに指示に従って下さい。

 ここで、日本語、英語を繰り返すのですが、最終的には英語のみが脳に入る働きかけをします。

 要するに、日本語 → 英語の図式を作り、英語 → 日本語の逆流を防ぎます

 ○ポイント
 ここでは最初は皆様が通常の脳の動きである、日本語 → 英語 という通常の動きを否定せずにある法則の
 基に進行していきます。

 ここであえて強制的に英語は英語で考えるというネイティブのような脳にはまだ到達させません。

 脳が一番スムーズに動く日本語を入れながら英語脳にスイッチを入れていきます。

 但し、最後には、その逆であれる 英語 → 日本語という逆の流れを断ち切り、英語脳のままここでの
 トレーニングを終了し、次のステップへと移行します。


 位置関係、動詞、時制の同時英語脳への切り替え

 【基本の流れ】

 上記で英語脳にスイッチを入れたまま、このステップをスタートします。

 ここではある写真を使いながら、位置関係、動詞、時制を同時に習得して頂きます。

 それって視覚で覚える方法ですか?

 いいえ、違います。

 ここでは、インターナショナル・スクールで位置関係を教える授業をヒントに発案されています。
 確かに”視覚”で覚えていく方法は、単純に単語の暗記よりも、数倍以上の確率で脳に残ると言われています。
 しかし、それも限られたレベルまでですね。要するに、名詞(花、動物等)、形容詞(悲しい、嬉しい等)、
 一定の動詞(走る、泣く等)という感じです。これでも十分な気がしますが、英語はこれだけでは成り立って
 いません。他に、時制、その他多くの動詞も存在します。


 ○ポイント
 ここでは、ある時点でその全てが絵と共に出現します。そこで、脳が活発に動き始めて、3つの文法要素を
 自然とそして、素早く、しかも同時に脳が認識し始めます。

 それをサポートするのがクイズ方式。 大きな問題が3つ、最後のまとめで1つで合計4つのクイズ方式で
 位置関係・動詞・時制の文法を一気に、そして自然と身につけて頂きます。
 単純な選択問題となりますので、誰でもお答出来ます。難しい単語は一切出てきません。


 ”かたまり”単語出現

 【基本の流れ】

 これもDAY5までの各DAYSの共通ですが、ある”かたまり”単語5~10個記載されています。
 そこで、音声に沿って、ペンと紙をつかってある事をして頂きます。

 「音を聞いて書きだして、暗記?」

 いいえ、暗記は絶対に致しません。つづりのテストでもありません。

 ある英語表現の音感覚と文法を脳が自然と同時に認識するのに一番適した方法です。
 そこにはある法則に順じた”かたまり単語”を基に、音声の指示にしたがって”ある行動”をして頂きます。

 ○ポイント
 ここではどのように英単語を自然と脳にインプットするのか?という疑問を一気に解決してくれます。

 ネイティブが自然と英語脳で実行している事を、ここでそのまま習得し、英単語・表現を物凄く吸収
 して行きます。

 でもこれもでもまだ初日です。

 初日から沢山あって、”脳に入らない!”というボリュームでも、決して問題ございません。
 マニュアルと音声に単に沿っていただき、初日の約30分を音声と共に終了して下さい。
 既に不思議な感覚が脳を刺激しているでしょう・・・

 それでは、2日目~3日目の英語脳へのジャンプDAYSに進みましょう!





 
 所要時間  : 約25分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY2)、マニュアル(DAY2)


 英語脳への切り替えスイッチを強く再生させます (DAY2)

 【基本の流れ】

 ここでもDAY1同様に①~⑩の日本語と英語がある法則によって記載されています。

 同じく日本語 → 英語の図式を作り、英語 → 日本語の逆流を防ぎます

 しかし、DAY1と比較して、より英語の”文章(会話)”に近づいてこの図式を作りあげております。


 ○ポイント
 既にDAY1で入ったスイッチを利用して、更にこれを飛躍させます。
 英語脳でのヒヤリングも、より強いものとして同時に準備しているとお考え下さい。

 そしてそのまま、次のステップに移行します。


 AとBの文章が脳の中でつながります。

 【基本の流れ】

 ある2つの単語使うだけで、文章が脳の中でつながるようにクイズ方式で展開していきます。
 簡単な単語なのですが、脳の中で面白いように英語の文章として繋がり始めます。


 ○ポイント
 クイズの答えを、あなたの脳が面白いように、活発に動き、そして答えを英語で探し出そうとします。
 一切日本語は出てこなくて、脳の中で英語で答えを見出そうとするその感覚を是非お楽しみ下さい。


 ”かたまり”単語出現

 【DAY1同様に5日間の共通事項となります】



 
 所要時間  : 約26分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY3)、マニュアル(DAY3)


 英語脳への切り替えスイッチを強く再生させます (DAY3)

 【基本の流れ】

 ここでもDAY2同様に①~⑩の日本語と英語がある法則によって記載されています。

 同じく日本語 → 英語の図式を作り、英語 → 日本語の逆流を防ぎます

 しかし、DAY2と比較して、更にもう1つの文をつけ加えてその図式を作りあげております。


 ○ポイント
  ここで、多少複雑に聞こえて来ます。でも、これも自然な流れであり、多少混乱される可能性がありますが、
 英語脳に更に強くスイッチが入った時の、脳の現象ですのでご安心下さい。

 ある法則だけを押さえれば、再度スムーズに脳の中に入り始めます。この一連の動きが、DAY4からの
 ”英語脳へのフィニッシュDAYS”へつながります。


 GOODとBADを利用した描写ファイリング

 【基本の流れ】

 GOODとBADという誰もが聞いた事のある2つの単語使い、人の感情、動きを脳が勝手に描写するような
 動きとなります。これも、誰もが出来るように、簡単なクイズ方式で進めていきます。


 ○ポイント
 目を閉じても、英語を聞くだけで、あなたの脳に描写的に人の動き、感情が理解できるようになります。
 既にこの時点で英語脳が急激に加速しながら出来上がっている感覚を実感して下さい。


 ”かたまり”単語出現

 【DAY5までの5日間の共通事項となります】


  さて、これから4~6日目の英語脳へのフィニッシュDAYSに移りましょう!


 ■ 注意事項 ■ 

 1週間以内に何か大事なプレゼン(日本語で)がある、または学生の方で国語の試験があるという
 方は、その行事が終わってからスタートして下さい。

 3日目(英語脳へのジャンプDAYS)が終了した時点で、思考回路が英語になっているので、日本語が
 おかしい、またはなかなか出てこないという現象が起こります。但し、5日目以降に通常の日本語に戻る
 システムとなっておりますのでご安心下さい。これも、最短で英語脳にもっていく為に通らざるをえない過程
 の一つとお考え頂ければ幸いです。決して大げさではなく、バイリンガルと同様の脳構造を最短で導き
 出す方法ですのでご理解の程お願い致します。




 
 所要時間  : 約27分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY4)、マニュアル(DAY4)


 再度、英語脳への切り替えスイッチを軽く入れなおします (DAY4)

 【基本の流れ】

 ここでもこれまでと同様に日本語と英語がある法則によって記載されています。

 但し、5つのみがDAY4で記載されていますが、根本的流れは変わりません。

 同じく日本語 → 英語の図式を作り、英語 → 日本語の逆流を防ぎます


 ○ポイント
 DAY4では5つの例題のみで、今までのように重要視していません。
 あくまでDAY3までの継続的役割をはたして、次のテーマへ向かう前の脳の準備運動となります。
 そしてそのまま、次(下記)のステップに移行します。


 ネイティブと同じ英語に対する脳を完成させます

 【基本の流れ】

  こちらでは、短い単語を使って、実際のネイティブに近い英語脳の動きを感じて頂きます。
 日本語を全く使わずに、英語のみで体験して下さい。 


 ○ポイント
 絵や写真を全く使わずに、IF、Because等からの文章でも、面白いように脳の中にあるものがインプット
 されて行きます。 

 英語を聞き逃したとしても、ある程度予測が可能な物凄くネイティブに近い感覚を脳が覚えていきます。


 ”かたまり”単語出現

 【DAY5までの共通事項となります】



 
 所要時間  : 約27分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY5)、マニュアル(DAY5)


 ■注意■ DAY5の音声は全て英語となります。

 何も緊張する事はありません。既に英語脳に近づいているので、今までの何十倍もスムーズに
 耳に入っていくはずです。

 また、いきなり“全て英語”では無く、DAY5のテキストは日本語となっておりますので、ご安心下さい。
 DAY5では、下記のプログラムのみに集中して進行していきます。


 英語脳への切り替えスイッチを再び強く再生し、英語・バイリンガルの脳をほぼ完成させます (DAY5)

 【基本の流れ】

 ここでもDAY1,2、3同様に①~⑩の日本語と英語がある法則によって記載されています。

 しかし、ここでは日本語を強調しながら進めて行きます。

 英語脳にするのに日本語を強調する?

 はい、特にDAY3までにぎこちなくなった日本語と英語を同時にスムーズに脳に入れるプログラムと
 なっております。バイリンガルが発する2ヶ国語と同じ感覚(能力)になります。


 ○ポイント
 マニュアルを閉じて、クイズ方式で進行します。

 DAY4で作りあげた感覚とそしてバイリンガル(同時2ヶ国語)能力を上手く融合させて、
 英語脳をほぼ完成させます。


 ”かたまり”単語出現

 【DAY5までの共通事項となります】


 そしてDAY6に移るのですが、DAY6では音声、テキストも全て英語で進行します。
 (それでも不安!という方の為に、DAY6に関しては、日本語版テキストもご用意しておりますのでご安心下さい)

 しかし、DAY5を終了した時点で、英語で聞くこと、見る事も苦にならずにどんどん脳が理解するのが
 実感できるはずですので、先ずは日本語版は見ずに進めて下さい。



 
 所要時間  : 約19分(実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY6)、マニュアル(DAY6-日本語、英語)


 英語脳への切り替えスイッチを強く再生させます (DAY6)

 【基本の流れ】

 ここでも前回のDAY同様の法則により英語と日本語がありますが、ここでは17の例題と多少多めと
 なっております。


 ○ポイント
 既にDAY5まで出てきた例題をもとに、長い文章となっており、まさに”ネイティブの英語”となっており、
 更に脳を刺激してしていきます。

 またここでは、誰にも知られていない、ある英語の文法の法則と日本語との一致点を紹介し、
 どんどん英語と日本語が自然と融合するように導き出しますので、より英語がスムーズに脳に入るように
 なります。 日本語を見た瞬間に英語に切り替わるという、誰も知らないユニークな方法です。


 英語学習の最大の難敵、”時制”を一瞬にして、簡単に理解する

 (was, am, have been, had been, will, will have been等)


 【基本の流れ】

 ここではある一つの動詞の単語を使って、簡単にそしてとても印象的に”時制”を脳で理解して頂きます。
 文法用語は全く出てこずに、イメージとして脳に叩き込みます。

 英語が面白くなくなった、上達がストップした方の多くは、この時制でギブアップされているという共通点が
 あるようです。 それを一瞬にして解決に導きます!


 ○ポイント
 時制は日本語にする時にとても苦労します。日本語に直訳するのも至難の業です。

 それを一切文法用語を出さずに、ある誰でも知っている動詞の単語を使う事で、いとも簡単に、一瞬で
 脳が英語で理解します。これぞ”英語・バイリンガル脳”という不思議な感覚を是非ご堪能下さい。

 この感覚を最後に身に着けられたらもう、英語の文法で何も怖いものはありません。 但し、これもDAY1~
 DAY5にて脳を完全に英語に切り替えているから出来る方法です。

 この感覚を身につけたまま、最後のDAY、DAY7-英語脳へのファイナルDAYに進みましょう!



 さて、ようやく最後のファイナルDAY(DAY7)の説明となります。

 これで英語脳完結となります。


 
 所要時間  : 約16分 (実践の作業等時間含む)
 使用ツール : MP3音声ファイル(DAY7)、マニュアル(DAY7-英語のみ)

 英語脳への最終仕上げ!

 最後のDAYも全て英語で進行します。マニュアルも英語のみとなります。

 でもご安心下さい。ここで、英語の音声の説明でも、普通に英語を英語としてとらえているご自身に
 びっくりされるはずです。 しかしあえてここでは最後に、ある日本語を書きだしてもらいます。

 日本語? 英語脳じゃなかったの?

 はい、目的はあくまで英語脳ですが、いかにご自身であたまの中でスムーズに理解されているかのかを
 実際に感じて頂きます。まさに、”英語・バイリンガル”の脳の状態です。

 これがこのプログラム で目指した最終目的地であります。 
 ここでは、その飛躍を確信するDAYとなります。

 あなたの脳が勝手に英語・バイリンガル脳にスイッチする感覚をご自身でじっくりと堪能して下さい。




 さあ、これで全て7DAYSの概要を説明させて頂きました。

 長い間、貴重なお時間を頂きまして誠に有難うございます。
 しかし、これを最後までお読みになった方は、”本当に英語を上達したい”という方がほとんどでしょう。
 その情熱が本当に伝わってきます。

 それでは7DAYSの後に、直ぐにTOEIC満点、英検1級が取れるのか?と質問されても答えはNOです。 

 英語脳になったとしても、”表現量”がまだ不足しています。

 「やっぱり、参考書とかで暗記するの?」

 いいえ、答えはNOです。 よって、今回は特別に・・・・

 7DAYSプログラム後のフォローマニュアルと別音声(20日間)も追加で準備させて頂きました!


 単にファイルを開いて、進めていくだけで、20日間で物凄い英語の表現量を英語脳になったあなた
 の頭の中にどんどん入れていきます。暗記ではございません。 単にマニュアルと音声に沿って進めて頂
 くだけです。


 プログラム終了後のあなたの脳は英語脳に切り替わっている可能性が高く、しかもその脳は乾ききった
 砂漠化状態です

 そこに吸収される水のごとく、どんどん英語の表現が入っていくように仕掛けてあります。


 7DAYSを実施する前には決して脳に入り込むことが出来なかった英語の表現量で、あなたを完全なる
 ネイティブへと導き出します。 

 しかし、、7DAYS後だけでも次の例文音声を英語脳で理解・発声が可能となっております・・・


 

 いくら拒否したとしても、英語を聞いたり、見た瞬間に、英語を英語で理解しているでしょう・・・


 (上記で確認した音声と同じ/英語約2分間)- 英語脳確認目的の一例です

 *上記ボタンをクリックすると、windows media playerが自動的に開き、音声がスタートします

 直接聞けない場合は、こちらを右クリック → ファイルを保存してからお聞き下さい 
 (Macをご利用の方も保存してからお聞き下さい/MP3音声ファイル)


 あなたが現時点で知っている全ての英単語が2つ、3つ(I, am, you 等)だけだとしても問題なし!

 今現在英語が全く分からない(怒)、受験の点数を上げたい、という方も是非トライして下さい!


 これだけのレベルに達するのは、留学を数年、英会話学校に何年も行ったところで不可能です!

 英語習得への根本的アプローチが180度違います。何年たっても上達しない日本人が多い理由は?・・・

 しかしこのプログラムは、たった1日約30分、そしてたった7日間だけで一気に、そのレベルまでへの
 到達を可能にします。


 英語の単語すら分からない人が本当に可能?


 *ここから先へ進まれる前に、是非ご覧下さい

 実践者の声のページへジャンプ
 (上記をクリックして下さい)

 販売直後から感謝のお便り、そして何より皆様が上達していく姿を想像できる事が私の何よりの幸せです。
 私が落ちこぼれの時から支えて頂きた方々への感謝、そして今、英語や将来について悩まれて
 いる方たちへの1日でも早い英語習得の手助けになれれば幸いです。 

 
 さあ、以上が今回公開スタートしたプログラムの大まかな説明となります。

 これはプログラムとの出会いの続きとなりますが、

 私は香港を最後に、長年にわたる海外赴任生活(会社員)を辞めました。

 なぜ?

 その答えは簡単です。

 中途半端な気持ちで、このプログラムをご紹介したくなかったからです。そして、サポートなしで進行
 出来る方も多いのですが、どうしても分からないこと、困った事があった場合は、24時間体制でお応えする
 のが私の人としての姿勢だと強く感じたからです。 これには、会社員をやりながらは不可能です。会社へも
 迷惑がかかります。 


 昨日お客様から頂きたメールの一部となりますが、大変うれしかったので、承諾を得て下記に掲載させて
 頂きます(女性の方です)。
 
 TOEICの勉強法 驚愕の1日10分方式を実践した声

  参考書を買って、疑問があってもそのまま(誰に聞いていいのか分からない)・・・ 

  英会話学校は、授業が終わってしまえばそれまで・・・


 私は決してそんな事は致しません!少しでも英語に関する質問(プログラムに限定しておりません)が
 あれば、些細な事でもご連絡下さい。


 世間からバカにされ、そして這い上がり、またその経験から、
 皆様に実行して頂く夢のツールがここに完成した事を本当に心より嬉しく思います。


 但し、これもサポートへの支障、また”英語を習得した”方の価値を下げてしまうと、本末転倒です。
 ようするに日本はこの先も、既存の英語教育のビジネスが氾濫するでしょう。 その中で、本プログラムを
 実行して、英語を身につけた方は”価値”という見えない、一生の宝を手にします 


 よって、このノウハウを大きく広めすぎる事で、実行される皆様の価値を下げては何の意味もなさないと
 強く感じます。日本人で英語が出来る人はまだまだ価値があります。それは私が、落ちこぼれの時に感じた
 世間の冷たさと、その後に英語を身につけた時の温度差を実際に感じているから分かります。


 また、英会話学校に行く、留学する、問題集の参考書を買う、というだけでも1か月だけで数万円以上
 すると調べていて分かったのですが、信じられません。それで上達すればいいのですが、現実は
 単なる、英語を勉強しているという”自己満足”で終わる方がほとんどのようです。


 でも、その様なビジネスにまだ飛びつく人が多いほど、あなたにとっては一段と価値を高めるチャンスです。
 私にとっても、そしてそれは、あなたにとっても有難い事なのです。

 お客様の価値の確保優先での公開となります。


 英語業界から圧力がかかるのを覚悟で、このプログラムを限定公開致します!

 7DAYSプロブラム構成内容
■ 7日間”超速英語脳育成”プログラム + 限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き(特典1~3含む)+”記憶力UP術” ■




1. 7DAYSプログラムPDFファイル(7冊合計69ページ)
 2. 上記に準じる音声を7ファイル(約164分収録)
 3. 7DAYS後の別冊子PDFファイル(20冊合計60ページ)
 4. 上記に準じる音声を20ファイル(約100分収録)

 全DAY共通事項:

 音声につきましては、日本語は日本人男性、英語の部分はネイティブの男性・女性が担当しております。


 一般流通では絶対に手に入らない世界にたった一つの最速英語脳育成プログラムの完成!




 

 - Last Updated 109.2.27 -
 
 さあ、次の実践者はあなたです!”英語という一生の財産”を掴み取って下さい

 英語上達に、【参考書】、【単語の暗記】、【英会話学校】、【留学】 → 不要!

 
 時間・環境・コストに比例しない、英語上達への全貌を包み隠さず伝授します!


 


 でも、本当にそんな事が可能なのか?  

 それは普通の疑問で、正常です。私が最初ノウハウを聞いた時も普通に疑いましたから・・・

 でも、もう一度今までのご自分を振り返って下さい。

 中学校で毎日英語の授業が1時間、そしてテストの為に単語、文法、熟語の暗記。 高校卒業まで
 勉強したとしても、何と今まで1,000時間以上英語の勉強をしてきているのです。その他に塾や英会話学校に
 通っている方は、2,000時間に近い数字でしょう。 これは異常で、信じられない事です。

 何が異常で、そして疑わしいのか?  

 それだけ英語に時間とお金を費やしているのに、”全然英語が上達しない”、という事です。

 

 皆さんもそう思われませんか? そして、”何故だろう”と疑問に思われたことございませんか? 

 
 
英語習得には”日本語が一切出てこない脳の状態”
が重要な事をどの参考書も、学校の授業でも
 誰も教えてくれませんし、
私たち以外誰も気づいていません。 

 そして、その感覚を身につけるには日数やコスト、そして環境なんて関係ないのです。
 英語をマスターする方、そうでない方の根本的違いは、頭の良さや留学経験等でもございません。
 この”英語・バイリンガル脳”の感覚を身につけているかの差, 言いかえれば

 英語・バイリンガル脳にスイッチを切り替える為の方法を、あなたの脳が知っているか、いないかの差

 なのです。その方法をこの7DAYSであなたの脳が自然と覚えていきます。


 冒頭でもお伝えしましたが、私も、そして最終的に実践者の多くも英語を見たり、聞いた時に・・・

 
 
 この状態を一瞬にして可能にし、そして実際にあなたにも体感して頂きます。 

 そして、英語という一生の財産を手にして下さい。 お金や不動産はいずれなくなり、人からも騙し
 取られる事もあるでしょう。 でも英語という”財産”は誰からも取られる事がない、本当の宝です。
 どんな時もあなたを救ってくれるツールになるはずです。先生や大人から馬鹿にされ続けてきた私だから
 心からそう強く思います。

 
 本プログラムは決して複雑ではなく、単語すら分からない人でも単純にプログラムに沿って
 進行するだけですのでご安心下さい。



 

  90日間~半年間~1年間といった気の長いプログラムでは無い(途中で挫折する人は皆無)

    * 期間が長くて高価なものが効果があると思いこんで、結局は途中で投げ出す人が多いのが現状


  英語脳を最短で作り上げる事で、読解力・ヒヤリング、そしてスピーキング力を同時にUPする事が可能

    * そのため、会話(スピーキング)、ヒヤリング(専用CDなど)、参考書など個別に学習する必要がない


  CDにコピーするなどして、外出先への持ち運びや運転中など自分のライフスタイルに合わせての習得

    * ご家族内でシェア(共有)されても問題ございません


  何の基礎知識もなく今すぐ始められる!

    * 英語上達は時間・環境・コストに比例しない


 是非トライして、英語を身につけたい!という方へ今回は特別なオファーがございます。

 ご覧の方の中には学生、また私の昔と同じように無職の方もいらっしゃるはずです。
 このプログラムで夢を叶えたいけど、”値段が高いから”という理由でチャンスを逃して欲しくありません。

 目の前にチャンスがあるのに、それを逃すことほど悔しいものはありません。


 よって、今回は部数制限はございますが、特別価格13,620円にて設定させて頂きました。

 但し、お客様の”価値”確保目的で、2月 27日までで13,620円(税込)での特別限定公開を終了致します。
 なお、2月 28日より大幅値上げとなりますので予めご了承下さい。


 しかも今回は、先着100名様へ特別な商品を無料特典としてご用意させて頂きました! 
■ 7日間”超速英語脳育成”プログラム + 限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き(特典1~3含む)+”記憶力UP術” ■




7日間”超速英語脳育成”プログラム + 

限定特典:20日間フォローアップ音声・テキスト特典付き(特典1~3含む)+”記憶力UP術” ■ 



ケントギルバート氏もびっくり! バイリンガルのあらゆる才能を7日後にマスターする夢のツール


Copyright © 誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。