元外資系スチュワーデスが直接指導!ハリウッドスターを家庭教師につけて誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話学習法
英会話学習法

歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法









アメリカ人が実際に日常的に使う英単語の量は大体、2000語程度です。初めから難しい単語や言い回しを覚えようとすると無駄に労力を使ってしまうので、言語取得が逆に困難になってしますのです。英語ぺらぺら君の中で出てくる英単語は、全てニューヨーカーによって日常的に使われている基礎となる言葉です。旅行に行って買い物を楽しんだり、友人と楽しく喋ったりするための日常英会話が基本になりますので、短期間で日常的に使われる単語だけを覚える事ができます。

すばやく記憶するために大切な事の一つに、関連性で学ぶという事があります。 例えば、英語ぺらぺら君のレッスン1の中で「Where did you get it?」という表現を覚える箇所があります。

この音声の様に「Did you get it?」という表現を最初に習って、その後に「Where did you get it?」 という関連した表現を覚えると覚えやすいと思いませんか? 英語ぺらぺら君は多くの英単語や言い回しを「関連性」を意識して作ってあるので、素早くあなたの記憶に残ります。

ストーリーというのはとても強力な暗記ツールです。例えば、何十年も前、あなたがまだ小さい頃にお父さんやお母さんに寝る前に読んでもらった絵本の内容覚えていませんか?英会話でもそうです。どんなシチュエーションでどの様な会話文を使うのか?これを理解して単語を覚えようとすると何倍も早く単語などを覚えることが出来ます。英語ぺらぺら君はレッスン1からレッスン30まで、日本人の青年がNYに旅行に行って、友人の女の子を訪れるという設定でストーリーが進んでいきますので、ドラマを見ている感覚で素早く楽しみながら単語や会話文を覚えることができます。


当たり前の事ですが、一度勉強した事は何回も復習しなければ、忘れてしまいます。英語ぺらぺら君では、毎回のレッスンの中で復習する時間を必ず設けています。例えば、レッスン8の中でも、レッスン1、レッスン2、レッスン3に出てきた単語や文章を復習できる様な構成になっています。また、良く記憶術などで紹介されていると思いますが、人間は「最初と最後に起こった事」を記憶する傾向があります。ある研究で、1時間の学校の授業の中で最初の5分と最後の5分の内容が最も生徒の記憶に残っているというデータが出ています。「英語ぺらぺら君」では、そういった記憶のメカニズムを教材の中で取り入れ、最初の 5分と最後の5分を復習の時間に設定しています。

会話はキャッチボールですから、聞いてるだけでなく、質問に対して反応する力が重要になります。英会話の質問は基本的に5種類しかありません。 How? What? Why? When? Who?(Yes/Noクエッションは除く)これだけです。「英語ぺらぺら君」の教材の中では、この5種類の質問を何度もあなたに投げかけて復習していくのであなたは自然に反応力を付ける事になります。

言語習得の最大の障害はどこまで英語を勉強していけば良いのか分からなくなり、その渦に溺れてしまう事です。とにかくゴールを細かく、はっきりと決めてそれに合った単語と文章を覚える。それが重要です。英語ぺらぺら君では、各レッスンの初めにあなたが達成すべき具体的な目的、ゴールを設定しているので、毎回はっきりと目的を持ってレッスンに取り組むことができます。
英語ぺらぺら君





1日30分の学習で中国語が話せるようになる
誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法
Copyright © 誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。