元外資系スチュワーデスが直接指導!ハリウッドスターを家庭教師につけて誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を話す上で必要な知識を「3分間で1セット」とし、
英語を話す上で必要な知識を「3分間で1セット」とし、

さすがにトータルの実践時間が3分間だと思ってしまう人はいないと思いますが、


1日3分!ありえない英語速習法【カリスマ英語トレーナー】L
内容がリンクしている知識
・ 1つの英文に対して複数の応用
・ 発音
・ 表現の仕方
・ 和訳etc・・・

英語を話す上で必要な知識を「3分間で1セット」とし、
音声CDを使った特別な聞き流し法で覚えていきます。

これは私が対面で行うレッスンにも通じています。

つまり短時間だからと言って内容量を削っている訳ではなく、
覚えやすい順序に並べ替え、3分単位で区切っているだけなのです。

そして“ノウハウ”を導入しつつ聞き流せば
英語をより深く吸収でき、“使える”英語が身につきます。

3分間でOKな理由は?最短で覚えられる理由は?

例え有名な参考書であっても「通常、英語での会話に全く使わない単語や英文」が
多く掲載され過ぎており、非効率的だと言わざるを得ません。

それは私だけでなく、他の通訳や講師も多くの英語教材に対し、
同じ印象を持っていると思います。

また、参考書によって記載の仕方も様々な事から混乱してしまい、
「どれが正しいのかわからない」と英語を難しく考えてしまうケースがあるのです。

ですので、私は無駄な事は一切あなたにお教えしません。
そのかわり、本当に使う英語を全てお教えします。

決して根拠もなく「最短で、3分間で」と言っている訳ではなく、
必要な事だけを効率よく行うから自信を持ってそうお伝えできるのです。

特別な聞き流し法・・・?

『カリスマ英語トレーナー』は単なる効率良く学習できるハイクオリティな教材ではありません。
学習以前に「教材の使い方」から指導していきます。

まず、なぜ『特別な聞き流し法』が必要なのか?についてお話しましょう。

それは各言語において優先的に使用される
パスバンド(周波数)がそれぞれ異なるからです。

ちなみに日本語で主に使われているパスバンドは125ヘルツから1500ヘルツ、
つまり日本語は低周波音域を主に使用した言語です。

しかし英語は2000ヘルツから12000ヘルツ、
日本語とは周波数に大きな違いのある高周波音域を多用した言語なのです。

この状態をフラットにせず英語を聞き流したとしても、
“日本人には聞き取れない音”の壁に必ず悩むことになるでしょう。

「ネイティブと日本人の英語は何か違う・・・でも何が違うのかわからない」
そう感じた事があるならわかりやすいと思いますが、その原因がパスバンドです。

リスニング教材を何度もリピート再生し、何度同じように喋ろうとトライしても、
日本語に慣れた耳で対策を取らなければ、この決定的な差が縮まる事はないのです。

そこでカリスマ英語トレーナーは聞き流すと同時にあるノウハウを実行し、パスバンドの違いをフラットにします。

音声そのものに仕掛けがある訳でなく、
あなた自身の聞き取りの技術が短時間で一気に向上します。

つまり、ネイティブの英語も音声CDと同じように聞き取れるようになるという事です。

そこから「話す力」を伸ばしていきますので、以降も1日3分のトレーニングは必要ですが、
早い方であれば1つ目の例文で聞きとりの気づきを得たと言う方もいらっしゃいます。

本教材が届きましたら、ぜひこのノウハウを実行する前と後に1度ずつ音声CDを聞き、
音の聞こえ方がどれほど異なるかお試しください。

ではここで「カリスマ英語トレーナー」に関して寄せられた二つの質問をご紹介します。
Copyright © 誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。