元外資系スチュワーデスが直接指導!ハリウッドスターを家庭教師につけて誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学受験英語偏差値30UP長文読解90日プログラム
大学受験英語偏差値30UP長文読解90日プログラム

90日間で大学受験英語の偏差値を30アップさせるための画期的な長文読解学習プログラム



大学受験英語偏差値30UP長文読解90日プログラム
英語は文系学部でも理系学部でも必修科目になっていて、しかも配点が高くなっている場合が多いです。
だから、誰でも高得点を取りたいと思うのも当然です。

なかでも、英語が苦手で難関大学を目指している人にとっては、大幅な偏差値アップができればと思っているでしょう。

難関大学を目指していなくても、偏差値が30台に低迷している人は、せめて平均点レベルの50台に達し、
できれば60台に到達する事を夢見ているでしょう。

でも決して夢ではありません。

英語は、他の科目と違って、様々な分野があってそれらが集まって科目を構成しているわけではないので、
全ての分野をまんべんなく勉強しなければ高得点は取れないというわけではありません。

では英語はどのような特徴を持った科目でしょうか?

それは、英語は総合力で勝負する科目です。
確かに英語には、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングという4つの分野があります。

しかし、大学入試で得点力を左右する分野は圧倒的にリーディングです。ライティングとリスニングも必要な分野ですが、全得点に占める割合はわずかです。

またグラマー(英文法)は4つの分野全てに共通する要素で、ペーパ-テストでも大学や学部によっては(センター試験でも)2割程度の配点を占めますが、グラマーは言わばリーディングの能力に含まれると考えられます。

ですから、現在の大学入試英語で必要な分野は圧倒的にリーディングで、特に長文速読力といっていいと思います。

つまり、英語の試験問題の8~9割は長文問題なので、長文読解力、とりわけ速読力の差がそのまま得点の差になって現れてしまいます。

結局、そのために英語の出来不出来が合否を決めることになるといっても過言ではないという事になります。

「そんなことくらいあなたに言われなくても分かっているよ」、とあなたは言うでしょう。
でしたらあなたはそのための特別な対策をなにかしていますか?

するとあなたは
「毎日英語の文章を読んでいるよ」、と言うかもしれません。

しかし、英語の長文読解力は、ただ漫然と英文を読んでいるだけでは全然身に着かないのです。

一定の系統的なプログラムに沿って学習しなければ英語の長文読解力、特に速読力は伸びません。




ところで、あなたは次のような仕方で英語を勉強していませんか?


* 英語を日本語に訳せないと分かった気がしない。
* 英語の単語は単語集で覚える。
* 辞書は日本語訳を見つけるためだけに使う。
* 英文は黙読するだけである。
* 教科書(参考書)で習った英文は意味が分かれば、繰り返し読まない。


上の項目の1つでも該当したら、あなたはどんなに英語を勉強しても、あなたの英語力は伸びないでしょう。

では、どのようにすればあなたの英語力は伸びるのでしょうか?
上の項に書かれた事の反対のことを行えばいいのです。

 英語は日本語に訳さずに読んで意味を理解する。

 英語の単語は英文を読むなかで覚える。

 辞書は読むもの:例文や用法も読む。

 英文は音読すると頭に焼き付けられる。

 習った英文はその場で5回、間をおいて3回読む。

英語は総合力の勝負だ、と先ほど言い、リーディングがその中心であると述べましたが、リーディングはどんな要素から成り立っているのでしょうか?

それは、語彙力、文法力、構文理解力、読解力から成り立っています。

それでは次に、英語のリーデヴィングのこれらの要素が英文を読むのに如何に大切かを説明しましょう。大学受験英語偏差値30UP長文読解90日プログラム
Copyright © 誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。