元外資系スチュワーデスが直接指導!ハリウッドスターを家庭教師につけて誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月でTOEIC800を突破する勉強法
3ヶ月でTOEIC800を突破する勉強法
しかしなぜ、僕だけが
6ヶ月でTOEIC910を達成できたのか?





これをきちんと説明できる人は、この世の中に僕しかいません。

韓国でトップのTOEIC990ホルダーが日本語ぺらぺらになったとしても、説明できないでしょう。

なぜなら、これは僕自身が実際に実践した勉強法だからです。

そして、様々なTOEIC勉強法研究、修正を経て、勝ち残った勉強法ですから、その研究を実際にやり、データを取り、修正を繰り返し、実際に結果を出した僕にしか説明できないのは、当然ですよね。

何も怪しいことは言わない。

「聞き流すだけ!」などの情弱な人たちを騙すキャッチフレーズも使わない。

広告費を一切かけない。有名人やスポーツ選手を起用して宣伝しない。

「魔法、秘術、暴露、〜だけ」などの胡散臭いがしかし結構な人が食いつくフレーズを使わない。


なのに、口コミだけでそういったものを駆使している人たちの何倍も、時には何十倍も売れ、実際に多くの人が成果を上げている。

なにより嬉しいのは、、、

実際に購入した人たちからたくさんの報告結果や感想文がくる。
(頼んでもないのに(笑))

そんな不思議な現象の理由を他人が説明できるはずがありません。
(単なる”評論”はいくらでもできると思いますが。)

逆に言えば、、、
TOEIC戦略論~3ヶ月でTOEIC800を突破する勉強法~


この勉強法でなぜ成果が上がるのか。

それらの成功の背後で、誰にも知られることなく、何が行われ、何が最も効果的だったのか。

その全てを説明できるのです。

基本問題集は新公式問題集だけ。なぜ、他の問題集では駄目なのか?それはリスニングの視点から簡単に説明できる。
リスニングとリーディングどちらの勉強をやるべきか?それは100%リスニング。それはTOEICから公式には発表されていない”点数の反映方程式”があるから。
シャドーイングと音読をやってはいけない。それはなぜ?それよりも”同時通訳訓練”を積極的にやりTOEIC脳を作り上げてしまおう。
試験2週間前に聞いた方がいい〇〇倍速×〇〇カット音源とは?試験本番で最大のリラックスを発揮できる最強の方法は、実は2週間前から対策可能。
英語の勉強をしてはいけない。TOEICの点数をあげたかったら、TOEICの勉強に特化する。それはドラッカーの〇〇と〇〇という最大の成果を上げる法則からも理解可能。
試験本番と全く同じ音を、「試験前」に聞く方法がある?だから、その教材は躊躇すること無く、全部買いそろえる必要がある。全部買っても12000円だから。
TOEICの試験は2時間。つまり、これは持久走である。つまりTOEICが求めているのは、英語力と、〇〇〇〇力。
多くの就活生は言う。「短期間でTOEICのスコアを上げたい」と。それでいい。「TOEICは短期間でしかスコアは上がらない。」なぜなら、TOEICは圧倒的な〇〇と〇〇力が必要だから。
つまり、短期間で暗記脳を発火させ、一気に大量の単語を詰め込む必要がある。だけど、ここで一つの疑問。単語の出題範囲は?TOEIC800をとるためには何語を覚えればいいの?TOEIC900の場合は?(ここで時間を取られると、勉強時間は2倍に伸びてしまう。)
パート7とパート3、どっちから対策すればいい?
え、パート1は切るの?パート5と6も?その理由は?(大学受験と同じく傾斜配点を意識して見れば、自ずとどこから勉強すればいいかがすぐ分かります。)
公開テストだけじゃ、回数が足りない。それならば、近場の大学に片っ端から電話をかけよう。大学が開催するあれがあるから。(これで、僕は受験回数を2倍にしました。)
モチベーションを上げる方法をたくさん紹介する。だけどそれは小手先の技術に過ぎない。普段モチベーションがない人がどうしてTOEIC900を取れると思うか。それはTOEICの成果そのものがモチベーションとなっているから。
じゃあ具体的にどのような順番でTOEICの対策を行ってゆけばいいか?一番最後にやるのはパート1。いや、パート1は切る。では最初にやるのは?(順番を間違えると勉強時間は更に2倍になります。カバーする単語量と攻略の順番を間違えると僕よりも4倍遅いスピードでゴールに向かうことになります。)
試験本番で飲む最高のドリンクがある。それは、ユンケル。(ユンケルを飲むと、集中力の持ちが良くなる。)
その鉛筆は使うな。専用のシャーペンを使おう。2コスリで、マークをつぶしてしまえ。でも、リスニング中は”ちょん”。その理由は?(リスニング中にマークしている人たちは確実にTOEICの初心者が、TOEIC990満点者のどちらかです。)

等々、僕が自分で実践した内容なので、当然のことながら、全部説明できるのです。
TOEIC戦略論~3ヶ月でTOEIC800を突破する勉強法~

3ヶ月でTOEIC800を突破する勉強法
スポンサーサイト

TOEIC900を一度取ってしまえば
TOEIC900を一度取ってしまえば

TOEIC900越えの友達がたくさん増える。

TOEIC900取れば、TOEIC900の人たち集う場所にどんどんと参加してゆけます。
参加して英語の情報を更に交換するのです。

例えば、留学がその典型です。本科生としてアカデミックのクラスに参加している韓国人や日本人は最低でもTOEFL(ibt)80以上。つまり余裕でTOEIC900なんて取ってきている。
そんなアジア人達とTOEICの勉強法について懐かしく(といっても、最近のことですが)語り合うと、ほぼ90%の人の勉強法が一緒。

韓国の場合だと、圧倒的にTOEIC、TOEFLに強い大手スクールがあるのです。韓国人はその大手スクールに通い、そのスクールが教えるTOEIC、TOEFLメソッドを皆一律に習得し、実際にその正しい勉強法で、TOEIC900を連発してゆくのです。

日本ではいろいろスクールがありますが、スクールは違えど、成果を出す勉強法は一緒です。

TOEIC900を持つ留学生たちと話していると、あることに気付くのです。
「みんな一緒な勉強法じゃん!!」
「TOEIC戦略論とそっくり!!」

つまり、3ヶ月でTOEIC800を突破した留学生たちの勉強法メソッドはみんな同じ。

そして、

その集大成が僕のTOEIC戦略論と思って下さい。

楽な勉強法だなんて口が裂けても言えませんが、変な勉強法に騙されるくらいなら、正当法を語っている僕の勉強法を黙って淡々とやる方がよっぽど、ラク。

TOEIC戦略論に匹敵するのは
TOEIC戦略論に匹敵するのは

なんで僕の商品を説明するレターの中で、他の人の勉強法を勧めるか
自分でもよく分からない行為ですが。。。(笑)

でも、いい物はいい物としてバイアスなく共有すべきです。
僕はどこのスクールにも属していないし、広告費ももらっていないので
本当にいい物を紹介できます。(その中に僕のTOEIC戦略論が含まれている(爆))

一つは、「中村澄子」さんの勉強法。
正当法だし、しっかりとTOEICに焦点を合わせています。彼女のスクールは6万円と少し高めですが、書籍なら1500円あれば全部、吸収できます。
お金がない人は、TOEIC戦略論よりも中村澄子さんの書籍をお勧めします。

もう一つは、表参道にスクールを構える「プレゼンス」さんの勉強法。
こちらも128000円と高いですが、成果が保証されています。

はっきり言って他の勉強法とかは終わってる。
本当に本人がTOEIC900取ったの?と聞きたくなるような怪しい勉強法や
渋谷前でただ広告費だけを使いまくっている英語教材とか。

そろそろ、あなたも「正しい」勉強法に出会うべきだと思います。
TOEICの教材なら、ちゃんとTOEICの点数を上げることに全力を注いでいる教材を選ぶべきです。

そこで一つ疑問。そもそも「正しい」勉強法とは?

答えは簡単で、実際にそれを達成した人がやっていた勉強法です。
司法試験における正しい勉強法とは、有名講師が教える勉強法でなく、
実際に司法試験に合格した人たちの勉強法を言うのです。
同じく、就職活動における、正しい就職活動の方法は、就活セミナーで言われていることではなくて、実際に内定をボンボンと出した先輩の方法を言うのです。

つまりTOEICにおける正しい勉強法とは、実際にTOEIC900を取得した人が教える勉強法を言うのです。

そんな意味で、上に挙げたTOEIC戦略論に匹敵するTOEIC勉強法は両方とも制作者がTOEICの経験者であり、ハイスコアを獲得した勉強法であるため、正しいと言えるのです。

じゃあ、あなたがやるべき一番簡単な方法は、実際にTOEIC900を取った人たちに、勉強法を聞くことです。これのみでオッケー。

でも、どうやってTOEIC900ホルダーに出会うの?

完璧なTOEICの勉強法を手に入れ
完璧なTOEICの勉強法を手に入れ

ただ、よく言われているような
「聞き流すだけで、自然と英語が聞こえるようになります!」

みたいなバカな話ではありません。

まともな知能を持っていれば、そんな話がありえないことは、コンマ5秒で理解できますから。

そんな話でなく、完璧なTOEICの勉強法を手に入れ、毎日勉強し、連続でTOEICの公開テストを受け続けていれば、セブンイレブンの口どけなめらか濃厚フロマージュを食べているだけで

「勉強法をいじってみたいけど、いじれない」

状態になるのです。

なぜなら、スコアが上がり続けているし、リスニングが徐々に聞こえるようになっているから。

勉強法をいじってばっかりいるのは、スコアが上がっていない素人のやることです。
それか、できない就活生か、できないサラリーマンか。

だから、何も改善の必要がなく、必然的に、短期間で結果が出てしまうことになる。

そーゆーことなんです。

多分、「短期間で」とか「劇的に」とかいうものが存在するのであれば、TOEIC戦略論が最も確からしい方法なのではないかと個人的には思っています(聞き流す系を使っている有名人なんて、劇的に英語が!とかいいながら、いまだにI’M FINE THANK YOU, AND YOU?とかいって、結局、中1の教科書レベルですからね。彼らTOEIC900取れるのかな?)

極端な話をしてしまえば、最強の勉強法を手に入れて、本棚から他のTOEIC勉強法本を全て捨てるだけで、わずか3ヶ月でTOEIC800を超えるということです。(もちろん、勉強してくださいね。聞き流しちゃ駄目ですよ(笑))
Copyright © 誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。